個人情報の保護に関するお知らせ

当院は、個人情報の取り扱いには細心の注意を払っています。

個人情報の取り扱いについてお気づきの点は窓口までお気軽にお申し出ください。

1.個人情報とは

氏名、住所等の特定の個人を同定できる情報を言います。

2.個人情報の内容訂正・利用停止

当院が保有する個人情報(診療記録等)が事実と異なるとお考えになる場合は、内容の訂正・利用停止を求めることができます。相談窓口にお申し出ください。調査の上、対応いたします。

3.個人情報の利用目的

個人情報は以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて利用いたしません。
診療のために利用する他、病院運営、教育・研修、行政命令の遵守、他の医療・介護・福祉施設との連携等のために、個人情報を利用することがあります。また、外部機関による病院評価、学会や出版物等で個人名が特定されないかたちで報告することがあります。

4.ご希望の確認と変更

治療、外来予約(診察・検査・処置・指導等)や入院予定の変更、療養給付・保険証等の確認等、緊急性を認めた内容について、患者さまご本人に連絡する場合があります。ただし、事前にお申し出があった場合は、連絡いたしません。
外来等での氏名の呼び出しや、病室における氏名の掲示を望まれない場合は、お申し出下さい。ただし、医療事故等を防止するためには、呼称での確認および氏名の掲示が望ましいと思われます。
電話での入院内容・部屋番号等の問い合わせについては、一切お答えしておりません。
面会者の、部屋番号等の問い合わせへの回答を望まない場合には、お申し出下さい。
身体上、または宗教上の理由等で、治療に関して特別の制限やご希望がある方はお申し出下さい。
一度出されたご希望を、いつでも変更することが可能です。お気軽にお申し出下さい。

5.診療情報の提供

ご自身の病状や治療について質問や不安がおありになる場合は、遠慮なく、担当医師または看護師に質問し、説明を受けてください。この場合には、特別の手続きは必要ありません。

6.診療情報の開示

ご自身の診療記録の閲覧や謄写をご希望の場合は、遠慮なく、担当医師または相談窓口に開示をお申し出ください。開示・謄写に必要な実費をいただきますので、ご了承ください。

7.相談窓口

ご質問やご相談は、受付にお申し出ください。担当者が承ります。

当院における個人情報の利用目的

1.医療提供

当院での医療サービスの提供
他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者との連携
他の医療機関等からの照会への回答
患者さまの診療のための、外部の医師等の意見・助言を求める場合
検体検査業務の委託その他の業務委託
ご家族等への病状説明
その他、患者さまへの医療提供に関する利用

2.診療費請求のための事務

当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
審査支払機関へのレセプト提出
審査支払機関又は保険者からの照会への回答
公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
ご家族等への病状説明
その他、患者さまへの医療提供に関する利用

3.当院の管理運営業務

会計・経理
医療事故等の報告
当該患者さまの医療サービス向上
入退院等の病楝管理
その他、当院の管理運営業務に関する利用

4.企業等からの委託を受けて行う健康診断等における、企業へのその結果の通知
5.医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
6.医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
7.院内において行われる医療実習への協力
8.療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
9.外部監査機関への情報提供

上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。

これらのお申し出はいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

実習受け入れ病院としてのお願い

当院は専門医制度研修施設であり、かつ各種教育機関の実習受入れ病院でもあるため、研修医、看護学生、救命救急士、各種教育実習生等の臨床教育、実習を行っております。
このため、これら将来の医療を担う医療関係者が、検査、診断、治療の現場で見学や立ち会いをさせていただくことがあります。
また適切な医療を行うために、あるいは教育・研究の目的で、患者さまの画像や資料を利用させていただく場合がありますが、個人情報保護に十分配慮し、必要な場合には患者さまの同意を得た上で行っております。
なお、医療関係者の見学や立ち会い、画像の撮影等をご承諾いただけない場合は職員にお申し出ください。その場合でも、患者さまが不利益を被ることはありません。
ご理解ご協力をお願い申し上げます。

Print Friendly, PDF & Email